teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ご案内

 投稿者:からすみ  投稿日:2016年 1月14日(木)20時20分54秒
  急に寒くなりましたね。ぼちぼちとインフルエンザ等も流行し始めました。くれぐれも皆様ご自愛ください。

本日は宣伝です。いつもお世話になっております、サークル長者原絶好調(堀井甚五郎先生)がこの週末、1月17日(日)開催のコミックシティ福岡39に参加されます~。今回が最後のイベント参加となるそうで、近隣の皆様ぜひご来場くださいませ。
詳しくは
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=54704389

格好いいポスカや委託品の可愛いアベルトにゃー本やゲトバガ本もあります!

堀井先生には拙作の表紙を手がけていただき、また、沢山の励ましをいただいて参りました。謹んで御礼申し上げます。
 
 

新年おめでとうございます

 投稿者:からすみ  投稿日:2016年 1月 5日(火)00時18分46秒
  本年も皆様にとり幸多き一年でありますよう、お祈り申し上げます。

pixivの投稿が便利で簡単なのですっかりそちらばかりになっていてサイトの方が放置状態、
そうなれば来る人も無し…はほんとしょうがないですね。今年もまだガミラス萌え続いてますので
サイトもちゃんと…ちゃんとしたい……

ということで、近況報告を。
①2015冬、コミックマーケット89にてドメル×デスラー(旧)の新刊を出しました。
サイトのトップページに表紙を載せています。堀井甚五郎先生作の美麗表紙と、
発行部数が僅少だったこともあり当日完売いたしました。お手にとってくださり
ありがとうございました。
2014冬発行の「ドメル七番勝負」も完売、無料配布本もなくなりましたので
これにて打ち止めです。


②打ち止めに伴い、無料配布していたゲットー×バーガーのSS二種をこのたびサイトにアップしました。
「今はただ雪に埋め」「その心は秘めたままに」連作です。
「星巡る方舟」での回想シーン(雪が降る墓場)からの妄想SSです。


何度でも言いますが、「星巡る方舟」でバーガーだけが生きていたという設定、はじめは許せなかったんですよね。
嬉しいけど、でもでも一人だけ生き残りだなんて…!とか、可愛い彼女の存在とか腐女子故に「ぐぬぬ」って
なりましたし、だいたいヤマトシリーズでこうして生き残っても碌な事がないのでヤマトを庇って死ぬんじゃないかとか
ほんと上映までストレスとワクワクがいっぱいでした。
ところが、実際鑑賞すると仲間を失ったバーガーまるで未亡人だしメリアちゃんに思いを残しているバーガー可愛いし
おまけに回想シーンでちょっと若い頃のバーガーとゲットーの2ショットが!!
2199本編設定画のゲットーにはそそられない人もこっちのゲットーは!普通に金髪イケメンなので!
いやどっちのゲットーも好きですけど眉も無いけどでもなぜかグレード上がってる感が……
雪は降ってるし二人はコート着ているしで萌えないわけがありませんよ、、、、
って去年からずっと同じ事言ってるあたり老化が進んでいるようですね……
(実は昨日この文章投稿したつもりだったのが投稿出来てなかったという)

そんな感じですが、どうぞ今年もよろしくお願いいたします。
 

おへんじ

 投稿者:からすみ  投稿日:2015年 6月 4日(木)16時03分59秒
  山野わんさま>
まあ、元々一人で古いアニメのキャラにわいわい言っていたのがいつのまにかリメイク決定、で一気に浮上したその勢いにいい加減疲れたのかもしれません。
だいぶ前からツイッターは止めようと思っていたので、丁度良い切っ掛けになったと思っています。
ツイッターを止めただけで、妄想は全然止めてませんよ~~(^q^)
お気遣いどうもありがとうございます。大丈夫です。

 

Great Harmony

 投稿者:からすみ  投稿日:2015年 6月 4日(木)15時56分52秒
  先日、ヤマト2199「星巡る方舟」のディスクやらサントラCDやら記録集やら一気に発売されまして、一気に貧乏になりましたカラスミです。
やんちゃな異星人に入れあげた結果です。後悔はしていません(笑)。

方舟は音楽が良くて、はじめブルーレイでしか発売されないと聞きガッカリしていたのですが、無事CDも発売して下さってありがたかったです。
田舎者としては、車運転するときに聞きたいのですよー!
ガトランティス、今回は蛮族(きっと私と同じ帝国のはじっこに暮らす田舎者なのでしょう)ダガームさん達のイメージということなのでしょう、大変野性味溢れる楽曲にアレンジ、また新曲が下ろされています。
なんせ戦艦の艦橋でごちそうを拡げ骨ばちで太鼓ドンドコドンドコですから、推して知るべし。
対してガミラス、我等がバーガーちゃんのテーマになったガミラス国歌のアレンジは非常に哀愁をそそります。自分はランベアとミランガルが宇宙空間に並んでいるシーンのアレンジが一番好き(合いの手で入る弦がイイ!)ですがもちろんゲトバガ神シーンのものも大好きで、つまり甲乙付けられません。アレンジはものすごくシンプルで、ピアノが弾ける方は耳コピで直ぐに弾けますね。
その単調さが、バーガーの孤独を際立たせているようでもう……(贔屓目)

ヤマトのこの度の葉加瀬太郎氏のソロを導入したOPも私は好きです。
欲を言えば、OPそのままにキャラの台詞入りにしてほしかったですね~
台詞挿入するために今回歌詞抜きにしたんじゃないかなと思っていたので。
ジレルの巫女、レーレライには旧作のテレサのテーマが。これはもし続編があるとしたら、テレサの位置にはレーレライが?とも勘ぐれますね。
本編9話・14話で用いられた曲も、「さみしい魔女」に使われています。
(9話では「観測員9号の心」に、14話はまんまジレル人の主題)
寓話のBGMとはいえ、観測員9号も、青い国にやってきた少女も孤独。
ヤマトの本筋とは異なる、旧来のファンが戸惑うこのオリジナル回が実は2199の胆なのですよね。

後半の最終決戦の場面、「共同作戦」は雲海を突き抜けて現れるヤマト、ガミラス艦、ミランガル(バーガーちゃん!!!)の図が曲を聴くだけで脳内再生、胸熱です。そして「大決戦」、ヤマト・ガミラス・ガトランティスのテーマが次々に飛び出してくる名アレンジ。元は「新たなる旅立ち」のヤマト・デスラー艦隊・ゴルバの三つ巴「大決戦」。宮川父子すごい!最高!
で、終幕は「新銀河誕生(永遠に)」じゃなく「方舟は星の海へと還る」。
「永遠に」はデスラー総統が出ないもののサーシャ大好きなので好きな映画なのですが、サーシャは死んじゃうわ最後に巨大化しちゃうわヤマトに説教しちゃうわ、
(どうしてヤマトってすんなり「好き」って言わせてくれないのか)
それなのに音楽が良いから何かああまた見ようかなってなっちゃうすごく複雑な心境に陥っちゃう映画なのです。ですから方舟も初見のときはこんな良い曲でバーガーちゃん死んじゃうなんてひどい;;;;とトラウマ曲になるかと思いましたが、……何と言うことでしょう(笑)逝きそびれて良かったよぉ;;;;
ということでものすごく気分良く聞けます。
「別れ」も好きですね~、「身は別れても心は一つ」ですよ!(んっ?)
そうして、EDの「Great Harmony」です。私はこの歌手があまり好きでは無く、あの大ヒット曲にもイラっとしてたので、劇場で観てるとき、この曲の最後に何か仕掛けがあるというので渋々聞きました。で、サントラ買っても渋々…
こんな調子だったのですが、ふと歌詞が心に留まり歌詞カード見ると…
「あぁぁぁこれバーガーちゃんの曲じゃないのぉぉぉ;;;;;」と。
(きもいですねすいません)
ちょっと引用いたします(サントラ歌詞カードより)
「私は祈る あなたの涙に 失っても 傷ついても 生きている」とか
「もう一度帰ろう 魂のふるさとへ笑顔をもって」とか
「あなたが生まれてきたわけは今この瞬間の喜びの向こうにある」とか

そうね!ドメル司令とかゲットー少佐を失ったしね!;;
メリアちゃんを助けられずに傷ついたしね!;;
でもランベアでガミラスに帰るよね!笑顔で帰ってね!;;;;

もうこの調子で(笑) ほんときもいですねすいません。
バーガーちゃんのグレートなハーモニーだと思うともうそこからエンドレスリピートです。

サントラ、聞き流していると情景が浮かんで来、とても良いと思います。
2199は3だけ買いましたが、ほとんど同じアレンジを何回も収録されており
いつも前半飛ばしちゃうんですよね……デスラー襲撃から聞いてます。

あ!でも方舟の劇伴、唯一解せないのは「デスラー孤独」を使っちゃったことです!なぜ!



 

おはようございます^^

 投稿者:山野わん  投稿日:2015年 5月31日(日)09時29分20秒
  おはようございます。あちらのほう消されたのですね。実は昨日の呟きが気になっていたのでああ、このことだったのかなと思った次第です。人にはそれぞれ事情があると思うので何故なのか聞くつもりはありませんしお返事も気になさらないでください。支部の方は消されてないようだったので小説の続きは楽しみにしています。しかしいろいろあってガミラスオンリー時代のフォロワーさんがからすみさんと堀井さんくらいになっていたのでちょっと寂しいです。また戻ってこられることがあったらよかったらフォローしてくださいね。それではこれからもからすみさんが自分の思う道を走り続けられますように。私的メールをこちらに打って申し訳ありません。  

リンクについて

 投稿者:からすみ  投稿日:2015年 2月25日(水)02時00分35秒
  この度、堀井甚五郎先生のサイトが移転しましたので、リンク集の方はアドレスを差し替えました。
でも作品の中にリンクをつけているものはまだ手が回らず修正が出来ておりません。
作中リンクではfile not foundになりますけど、堀井先生のサイトはちゃんと存続してますので~!

堀井先生の新・長者原絶好調はこちら→ http://rinrin.saiin.net/~chojabaru/

よろしくお願いいたします。
 

更新しました

 投稿者:からすみ  投稿日:2015年 1月20日(火)02時54分27秒
  先日はなんだか愚痴愚痴した書き込みで失礼しました。
気を取り直して(笑)、ゲトバガ前提バガゲト話をアップしました。
「星巡る方舟」ではバーガー少佐に衝撃の事実(ゲトバガ好き的に)が判明したわけで、
今まで好き勝手に彼等の捏造話をこしらえていたのが全部アウトになっちゃいましたね…
でも、まあいいかー(*´∀`*) と、特に修正するでもなくそのままにしています。
一応目次ページには断りを入れました。実はまだ方舟上映前に出来ちゃってる数作品、
アップしそびれてここまで来てしまいました。修正出来ればいいのですが、どうにも
無理な場合そのままアップしようかな。

今週はもう一回、別CPのお話をアップ出来ればと思っています。
 

宣伝です

 投稿者:からすみ  投稿日:2015年 1月18日(日)02時25分55秒
  本日はコミックシティ福岡37が福岡ヤフオクドームにて開催されます。
福岡のデスラー総統・堀井甚五郎先生のスペースはF49a!
詳しくはこちらをご参照ください。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=48169340

先日お知らせしました通り、私も「ドメル七番勝負」を数冊と冬コミでの無料配布本を
また性懲りも無く作りましたのでw、よろしければお手にとってみてくださいませ。

私の委託本につきましては↓をご覧いただければ。

http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=47620314

改めまして、先だっての冬コミにて拙作をお手にとってくださった皆様、どうもありがとうございました。
いかがでしたでしょうか(;´∀`)
イベントには参加出来ず会場の様子ややりとりなど全く分かりませんので、本が売れたといっても
正直実感が湧かず、小説の出来が悪かったかなあ、とか、期待外れだったかなあ、
なんて悶々とするばかりで。
って愚痴を言ってすみません。こんな性根なので実はオフで本を出すには向かないようです。

それにしても表紙を作ってくださった堀井先生、無理なお願いを聞いてくださったぽちり様、きる丸様、
ニャン太郎様には感謝、感謝です。皆様のご厚意は忘れません。
 

ありがとうございます

 投稿者:からすみ  投稿日:2015年 1月18日(日)02時11分45秒
  山野わんさま>
こんにちは。本を読んでくださりありがとうございました。上に記した通りで今は酷く凹んでおりまして、
ご感想いただけて本当に救われました。ありがとうございます。
ヴェルテさんのお話、気にいっていただけて嬉しいです。本編で「エルク」とドメル司令を呼ぶのは
アベルト閣下と、妻のエリーサさんと、このヴェルテさん。アベルト閣下とドメル司令の関係は性愛、
エリーサさんとは夫婦愛、ヴェルテさんとは友愛、そんな風に私は思っていまして、初めはえっちな
感じで話を作っていましたが、あまりヴェルテさんらしくならず(;´∀`)、エロより私なりのヴェルテさん
らしさを考えてみた次第です。確か、この話が一番分量が多くなりました・・・。

ギムレーさんのお話「茨の獄」はギムレーさんのえげつなさをがんばりました!w ギムレーさんを
主人公にすればきっと恐ろしいだけではないギムレーさん像が浮かび上がってくると思いますが
ここはエルクさん視点でのギムレーさんということで酷い話になりましたねw

私の文章は描写がダイレクトというか、飾り気が無いというか、形容詞が少ないというか、そのあたりが
物足り無い方は物足り無いでしょうし、でもわんさんの仰るように「わかりやすい!」と感じていただければ
幸いです^^。 文章のサンプルとしては稚拙かとは思いますが何かお役に立てれば嬉しいです。

無配本も読んでくださりありがとうございました。方舟ゲトバガ本を書いたときはまだ劇場で1度見ただけ
でしたので、本を作って送り出したあとにまた劇場で観て、一部間違いに気付き「アッーーー!Σ(゚д゚lll)」・・・
でもでも、あの雪のシーンはゲトバガ好きにはこの上ないご馳走でした。また、恋人メリアの存在も
むしろゲトバガ妄想が余計に加速しちゃって・・・申し訳無い(^_^;。

どうもありがとうございました。
 

新刊の感想

 投稿者:山野わん  投稿日:2015年 1月15日(木)17時31分54秒
  読ませていただきました。カラスミさんは心理描写がお上手なので私は入りやすかったのはやはりハイデルンさんとヴェルテさんの話でした。お気に入りはヴェルテさんの話です。一番こわかったのはやはりギムレーさん(^^```とても彼らしいお話だけにちょっとホラーっぽくて夜読んだらやばい気がしました。今回は主役はエルクさんだった訳ですがどのエルクさんもエロチックながらそれぞれが違うタイプで書かれているのがさすがだと思いました。そしてそれに応じてエルクさんからでているオーラがきちんとそれにぴったりということも。時々私の考えるエルクさんを飛び越えていてふわ!と思うこともありましたがそこがカラスミ本の醍醐味なのですね。いくつもの話を書いておられる年季を感じました。カラスミさんのお話は描写がダイレクトなのでわかりやすく読んでいて思い描きやすいのがうれしいです。友人のBL書きさんは抽象表現が多すぎて私のように知識がなさすぎるとそれが何を意味するのか理解するまでに時間がかかって・・・。そのかわり恐いのはとことん怖いですね^^(ギムさんのやつ)私も最近ちょっと書いたりしていますが知識も語彙もないのでむつかしいですね。カラスミさんの本は勉強にもなります。PCだと手元に置いてちょいと見るということができないので今回本にして頂いて本当にありがとうございます。これからもできるならまた本に挑戦してください。期待しています。何だかだらだらと書いてしまいましたが今回はご苦労様でした。
PS:外伝も素敵でした。ゲットーさんがかっこよくてあそこの短い場面があんなふうに再現されていておおって思いました。旧ドメデスはあの二人らしさが出ていて面白かったです。
 

レンタル掲示板
/54